囲碁雑学

スポンサーリンク
囲碁雑学

囲碁を麻酔の代わりに使う。

三国志に登場する関羽は相当に囲碁が好きだったようです。
囲碁雑学

大倉喜七郎(おおくら きしちろう)

慶応義塾大学卒。大倉喜七郎は大倉財閥の発展に尽力した人物であるが、囲碁好きで日本棋院が設立されるときに相当な金額を援助したと言われている。 現在、囲碁の普及や発展に貢献した人物には「大倉喜七郎賞」が日本棋院より贈られる。
囲碁雑学

囲碁プロ棋士への道

プロ囲碁界には二つの「所属事務所」がある。
囲碁雑学

日常で使われる囲碁用語

駄目(だめ) 囲碁 対局者どちらの陣地にもならない、双方に無益な地点。 石は囲われると取られるが、あと何個の石で取られるかを表現するとき、「駄目」という言葉が使われる。 例:駄目があと3つ空いている。 ...
囲碁雑学

囲碁用語を英語で

英語の囲碁用語は日本語を直訳したものや日本語そのままのものなど多岐にわたる。
囲碁雑学

プロ棋士の世界ランキング

囲碁のプロ棋士の世界ランキングはこのページ(外部リンク)で確認できる。「WHRアルゴリズム」を使って毎日更新されているらしい。
囲碁雑学

囲碁で食べていけるのか。

金持ちになることは難しいが、プロになれば生きていくのは困らないだろう。
囲碁雑学

どうして黒は碁盤の右上から始めるのか。

黒番の人から見て碁盤の右上の星かその辺りに初手を打つことが暗黙の了解になっています。なぜ右上なのか。答えは「白石をもつ人に敬意を払うから」です。 囲碁の世界の考え方として、白石は囲碁が上手な人が使います。棋力に差があって、一方がもう一...
囲碁雑学

免状料金をもっと安くするように日本棋院に噛み付いた藤沢秀行。

日本棋院にアマチュアが五段と認められるには10万円の手数料を払わなければならない。
囲碁雑学

普及指導員に必要な経費に全くふれない番組。

普及指導員にたどり着くまでにはある程度のまとまったお金がいる。
囲碁雑学

棋士と験担ぎ

赤いパンツをはいて気合いをいれる、という験担ぎをしている棋士は誰?
囲碁雑学

郵便碁

郵便碁とは葉書きで一手ずつ対局を進めていく碁。
囲碁雑学

院生がプロ囲碁棋士になれる確率は約5パーセント。

院生は囲碁プロ棋士の卵で、院生になるためには以下の条件を満たさなければならない。
囲碁雑学

碁石は何からできているのか。

現在はプラスチックの碁石も流通しているが、本来は白石は貝、黒石は石からできている。
囲碁雑学

碁盤、将棋盤ができるまで

囲碁雑学

なぜ囲碁界を1つに束ねる機関がないのか。

日本のプロ囲碁界は頂点が一つに統一されていない。例えば日本のプロ野球界の頂点は日本野球機構。全球団の全選手がその傘下にある。また、日本サッカーの頂点は日本サッカー協会。全クラブの全プレーヤーが傘下にある。 しかし、囲碁界には「日本棋院...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました