囲碁格言

囲碁格言 囲碁格言

格言には先人の知恵がつまっていますので、良い碁を打つために必要なことをたくさん学ぶことができます。インデックスはこちらです。

スポンサーリンク
囲碁格言

中地を囲うな

効率性の問題です。
囲碁格言

ポン抜き30目(ぽんぬきさんじゅうもく)

中央寄りであればあるほど威力があります。
囲碁格言

二線這うべからず(にせんはうべからず)

二線を這って囲った地は全然大きくありません。
囲碁格言

二子(にし)にして捨(す)てよ

そのほうが効率が良いことが多いです。
囲碁格言

車の後押しヘボ碁の見本

相手の石を強くしてしまう打ち方ですので、この打ち方は避けましょう。
囲碁格言

サバキはツケから

サバキたいときは相手の石につけることをまず考えましょう。
囲碁格言

陣笠作って馬脚出す

形が陣笠に似ていることから。
囲碁格言

シチョウ知らずに碁を打つな

どこまで逃げても逃げられません。
囲碁格言

サバキは三々(さんさん)のツケから

隅の攻防のために覚えておきましょう。
囲碁格言

二目(にもく)の頭(あたま)は見(み)ずハネよ

それぐらい重要だということです。
囲碁格言

ハネにはノビよ

味方の石を安定させることが大切だということです。
囲碁格言

眼あり眼なし(めありめなし)

攻め合いの状況を表現しています。
囲碁格言

ケイマにツケコシ

相手の石を分断するときに使われます。
囲碁格言

ケイマのツキダシ

難なく相手を強くしてしまうので、この打ち方は避けましょう。
囲碁格言

キリちがい一方ノビよ

ノビる方向をきちんと考える必要があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました