一間トビ(いっけんとび)

スポンサーリンク

間に一線を挟んで石を配置すること。特に盤面の中央に向かって、そのように石を配置することをいう。

一間トビは足早に逃げるとき、守るときに使う。相手を攻撃するときはケイマを使うことが多い。

ケイマ
将棋の桂馬の動きのように石を配置すること。 ケイマは相手を攻めるときに使うもので、石の連結に難があるので守りには向かない。守るとき、逃げるときは一間トビを使う。

ちなみに、間に二線を挟んで石を配置することを二間トビという。

図の黒1が一間トビの例。

タイトルとURLをコピーしました