平安時代 顧師言 対 伴小勝雄

古碁
スポンサーリンク

黒(顧師言)が、鎮神頭で白(伴小勝雄)を退ける。

平安時代

黒:顧師言(こしげん)

白:伴小勝雄(ともの おかつお)

四隅の星に二子ずつ置いて対局が始まる。

序盤から戦いが始まる。白も黒も手数を伸ばして相手の石に襲い掛かろうとしている。

そして放たれた白30(D12)。白の伴小勝雄は分断された二つの黒のうち、一つは取れると確信した。

しかし、そのあと黒が粘って黒45(G8)に放った一手が勝負を決める。

この手は両シチョウにある両方の黒を救い出してしまう手で、鎮神頭と呼ばれる。

鎮神頭(ちんしんとう)
一手で両シチョウを防ぐ手。